スポンサード リンク

確定申告 住宅ローンの計算

住宅ローンの計算で確定申告をする時、リフォームなどのケースはどうなるの?

a0002_010699.jpg

住宅が古くなって来たけれど、長年住んだ家だからどうにか住み続けたい、または家族が増えるので増改築をしたい、と思い住宅ローンの利用に踏み切った方もいるかと思います。そんな方に是非知っておいてほしいのが、住宅ローン控除です。


住宅ローンを利用してマイホームの増改築やリフォームを行うと、住宅ローン控除が受けられる場合があります。控除の対象となるには、ローンの対象が住宅とその敷地であること、また返済期間が10年以上であること等、色々と条件があるものの、その条件さえ満たせていれば控除を受けることができるのです。


住宅ローン控除を受けるには確定申告をする必要があるのですが、これは個人事業主だけでなく会社員にも同様に当てはまります。会社で行っている年末調整だけでは控除を利用することができないので、会社員の方は注意する必要があります。


そして、ご自分で増改築やリフォームをされた物件が住宅ローン控除の対象に当てはまる場合は、住宅ローンの残高証明書や登記簿等、確定申告に必要な書類をそろえて税務署へ提出する必要があります。

該当する可能性のある方は、このような制度の利用について調べてみると良いでしょう。

住宅ローン控除の計算をしましょう

男の憧れでもある、マイホーム。それを作る上で、テレビや新聞なんかでは物凄く綺麗で楽しい、未来を作るわくわくとしたイメージが前面に押し出されていますね。ですが、何事にも現実はしっかりあるもので、家を建てるにもきちんと計画的に進行していかないといけません。


建設する予定の土地は、どうするか?平屋か、二階建てか?部屋は何畳、難部屋くらい設けるつもりなのか?
庭などはどうするつもりなのか?といったような、これらの問題をまず考えなくてはなりません。住宅一つ建設するのにも莫大な費用がかかりますから、月々いくらくらいになるのかしっかり計算しておきましょう。


それから、住宅ローン控除も場合によっては受けられることがあります。業者の方にしっかり相談をして、漏れのないように記録しておきましょう。少しでもお得な情報を見逃さず、受けられるサービスを全て受けることが金銭的な負担緩和の第一歩に繋がるはずです。大変なことも多いと思いますが、そうまでして建てるマイホームはきっと素晴らしいものになるであろうと思います。


楽天ウェブサービスセンター
SEO対策済みテンプレート
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。